ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

歯科事業

歯科検診

近年、成人の約80%が歯周病に罹患しており、歯の本数は50歳代から急激に減っていきます。厚生労働省は、80歳で20本の歯を残すことを目標とした8020(ハチマルニイマル)運動を提唱し、啓蒙活動に取り組んでいます。歯周病は、心筋梗塞・糖尿病・動脈硬化・がん等の生活習慣病を引き起こすといわれています。
大王製紙健康保険組合では巡回歯科検診を実施して、年1回の歯科検診を推進しています。

  • 事業所内での巡回歯科検診
    事業所内で歯科医師・歯科衛生士による歯科検診を行い、
    ブラッシング等の個別指導を実施
    歯科治療が必要な方には受診勧奨を実施
  • 歯科・口腔ケアに関する情報発信
    歯磨きの励行やマウスウォッシュの配布、歯科・口腔ケアに関する情報を広報誌に掲載するなど、歯の健康に対する意識付け啓蒙活動を実施
ページトップへ